レビュー

【画像収集ソフト】これは便利!無料と有料の画像収集ソフトのご紹介【おすすめ】

10月 24, 2019

この記事は約5分で読めます。

 

画像が大量に欲しい!!(特にエロ画像)

 

特に男性ならそう思うことは一度はあるはずです。※エロ画像だけの収集ソフトではありませんので、是非最後まで閲覧よろしくお願いしますm(__)m

 

女性であれば、好きな男性の写真が見たいとかになるのかもしれません。

これからご紹介するソフトは、『画像収集ソフト』です。

もちろん、収集する画像はエロ系だけではなく、普通のネット上にある画像全て収集することが出来ます。

 

管理人個人としては、大量の『エロ画像』が欲しいという気持ちから探したことがきっかけだったので、こんな前置きになってしまいました。(汗)

 

多くのソフトを試したわけではないのですが、「これは持ってて損は無いな」と感じたソフトをご紹介したいと思います。

無料と有料一つずつなのですが、有料の方がやはり細かい設定や、便利な機能がついてます。

だからといって、無料でも十分使えますので安心してください。

 

では、ご紹介いたします。

おすすめの画像収集ソフト

無料ソフト

ImageGeter

google画像検索やyahoo画像検索、またサイトURLを入力してそのページを基準として画像収集できます。

細かい設定をするならわかりづらい点もありますが、設定を気にせず、ざっくりと画像を集めたい場合は割と簡単に操作できるかと思います。

以下、サイトリンクを張っておきますので是非利用してみてください。

 

⇒ImageGeterの公式サイトはコチラから

 

初めにImageGeterを利用してみたのですが、キーワードを入力するだけで大量の画像をごっそりと収集することが出来ました。(数千枚単位)

ただ、キーワードを入力してダウンロードするだけなら直感的に出来るのですが、どこまでの範囲を収集範囲にするかという指定に関しては若干難しいかなと思いました。

(言葉の意味とその指定をしたらどんな動作をするのかという点を理解するが若干難しい)

 

ざっくりと画像を収集するだけなら十分です。(適当にエロ画像大量に欲しいとか、などなど)

 

ただ、このソフトを使っていて不満を感じたのが、画像のサイズ指定でした。

そのサイズ設定の不満についてですが、指定した数値以下の解像度の画像は収集しないという設定なのですが(下の画像赤枠参照)、

 

 

上記のように、仮に指定する画像サイズが縦400以下、横500以下の画像は除外する指定をした場合。

縦が380でも横が600の場合は収集します。(縦横両方が指定した数値以下でないと除外されない。もちろん、そういう説明は書いてあります。)

どちらか一方でも数値を下回った場合に除外するという設定が出来ません。(収集する画像の縦横の最低値の設定が出来ない)

また縦横が判別されるので、縦400以下、横500以下の設定の場合、縦350、横450は除外されますが、縦450、横350という縦長の画像は収集します。(縦横を判別するので、サイズとしては350×450の画像でも350×450の横長画像は除外されるが450×350の縦長画像は収集する。)

細かいサイズ設定が出来なくても、いらない画像は後から削除すればいいから問題ないという方はこのソフトでもいいかと思います。

 

不満点もありますが、「ざっくりと大量の画像をかき集めたい」という願望のある方には十分すぎる便利なソフトです。(ほっとくと気づかないうちに3000枚くらい画像が手に入りますw)

 

以下良かった点、不満点を挙げてみました。

良かった点

・無料で使える

・直感的に操作できる(細かい設定を除く)

・キーワードを入力して画像収集できる

・URLを入力して画像を収集できる

・日本語のソフトである点

不満点

・収集する画像の細かいサイズ設定が出来ない

・色々と細かい設定をするにはよく分からない点がある。(そこを設定するとどういう動きをするのかという意味で理解に時間がかかる)

・無作為に収集するのは便利だが、細かく収集するのは苦手なのかも(個人的な感想です)

有料ソフト

Extreme Picture Finder

こちらのソフトですが、20日間の試用期間があり、その期間内に20000ファイルまでのダウンロードが可能とのことです。

値段は標準ライセンスが$29、ライフタイムライセンスが$49です。

どちらのライセンスも、無期限で使える、定期的な支払いはなし、1ユーザー(最大2PC)まで利用できるという点においては共通ですが、

標準ライセンスは1年間のみ無料アップデートですが、ライフタイムライセンスは期間無しで無料アップデートすることが出来ます。

以下リンクを張っておきますので是非興味のある方は見てみてください。

 

⇒Extreme Picture Finderの公式ページはコチラから

 

ちなみに公式サイトは英語表記です。ただ、ソフト自体は日本語の言語も指定できますので、ご安心ください。

とはいえ、日本語化されていない箇所も多少ありますがw

 

有料ソフトということもあり、収集する画像サイズの細かい設定はもちろん、その他便利な機能もあります。

その一つが『プロジェクト』というもので、早い話が、どのサイトからどんなデータを収集するという情報を『プロジェクト』という形で記憶できるシステムです。

サイトを記憶するだけなら「ImageGeter」でも出来るのですが、公式サイトにある他人が用意した『プロジェクト』を読み込んで利用できるという点が大きいです。(もちろん無料です。)

プロジェクトのインポートは簡単で、データベースから好きなデータをデスクトップなどにダウンロードして、ダブルクリックするだけです。

下にどんなプロジェクトデータベースのリンクを張っておきます。

 

⇒Extreme Picture Finderプロジェクトデータベースはコチラから

 

どうしても有料ソフトである分、機能性に関してはコチラのソフトの方が上ですね。その分、人によってはいらない機能もあるかもしれません。

以下良かった点、不満点をあげます。

良かった点

・収集する画像の細かいサイズ指定が出来る

・直感的に操作が出来る

・URLを入力して画像などを収集できる

・キーワードを入力して画像などを収集できる

・収集する範囲指定が分かりやすい(そのページだけ収集することも可能)

・他人のプロジェクトをインポートして意外な画像を収集できる

不満点

・言語として日本語はあるが微妙に英語があって分かりづらい

・有料である(有料レベルのソフトと思いますが一応w)

・海外のソフトということもあってか、公式サイトのデータベースのプロジェクトも海外サイトのものが多い

まとめ

二つの画像収集ソフトをご紹介しましたが、基本的にどちらも便利です。

ただ、手の届かない細かい設定を求めるならやはり有料ソフトだと思います。

気分で、こういうキーワードで画像大量に欲しいなと気軽に使うなら無料でも十分だと思います。

 

以上画像収集ソフトのご紹介でした。

 

閲覧ありがとうございました。

\この記事はどうでしたか?/

-レビュー
-