紹介/まとめ

【おすすめ】PCの作業効率が上がるツールの紹介

9月 28, 2023

PCを利用していていると、ちょっとした手間がストレスになることがあります。

その手間を軽減してくれるツールを紹介したいと思います。

※私自身Windowsユーザーなので「Windows」で利用できるツールがメインになります。

2023年10月1日現在:現状色々なツールを試しながら記事を書き換えてます。数ヶ月経ったら内容が変わってる可能性があるので、予めご了承ください。

◇日常「便利&時短」ツール

「Vivaldi」(Webブラウザ)

はじめに紹介するのは、「Webブラウザ」です。

このブラウザの良い点は、

ポイント

・「メモの挿入」機能がある 

・広告非表示機能がある(You Tubeなど)

・Google拡張機能に対応している

・ページの英語自動翻訳機能がある

・ページの表示速度が早い

・カスタマイズ性が高い

などなど、メリットが多いのが特徴です。

悪い点としては、翻訳がおかしな時があるのと、機能しないGoogle拡張機能が稀にあることぐらいです。

とはいえ総合的には便利なブラウザなので、気になる方は是非利用してみてください。

Google日本語入力(IME)

次は「IME」です。

変換機能が優秀なので導入してます。

もっと良いIMEがあるのかは分かりませんが、現状全く不満はないです。

その前に使っていた「Microsoft IME」は変な文字変換が多かったので、こちらの「IME」に変えました。

Strokes Plus

マウスジェスチャーソフト。

マウスジェスチャーとはマウスのボタンと動きを組み合わせることで、事前に登録したショートカットアクションを発動できます。

コピペなどをマウスだけで出来るので手間が軽減されます。

出来ることは多いのですが、覚えるのが苦手な私は「切り取りとコピー&ペースト」、そして「ブラウザの戻る、進む」のみこのツールを利用してます。

CloseALL

開いてる全てのウィンドウをワンクリックで閉じられるツール。

PCを再起動したい時やシャットダウンする前にワンクリックで全画面を閉じられるので便利。

無料です。

フォルダの足あと

ネットでダウンロードをした際に、ダウンロードの保存先を記憶してくれるツールです。

ネットでダウンロードした時に仮に「デスクトップ」に保存したら、次回のダウンロードダイアログの下に「デスクトップのパス」をワンクリックで指定出来るアイコンを表示してくれるようになります。

特定のダウンロード先をすぐ指定出来るようにしたいという方にはおすすめです。時短になります。

ロボフォーム

パスワード&アカウント管理ソフト。

登録したURLに行って自動ログインしてくれることはもちろん、パスワード生成機能や初めてログインした際にIDやパスワードを保存するかの確認など不満のないレベルで機能が充実してます。

自動ログイン機能もしっかりしてるので色んなサイトでログインに時間を消費してる方は是非導入してみてください。

ロボフォームがあるか無いかで毎日のログインの手間やストレスが全く違います。

2台以上のPCで同期したい場合は有料版が必要ですが、1台のPCだけで使う分には無料です。

◇整理整頓 ツール

ShellMenuNew

エクスプローラの右クリックメニューの[新規作成]メニュー項目を管理できる。

普段全く使わない項目が常にあるのは選ぶ手間が発生するし、見てるだけでストレスになるので重宝してます。

無料です。

Orchis

ランチャーソフト。

簡単操作でフォルダ、ファイル、プログラムなどを呼び出すことができます。

デスクトップにたくさんあったソフトのショートカットの大半をこのツールに入れたのでかなりすっきりしました。

サブメニューを作ったり、セパレータを入れたり、折り返したり、自由度が高いので、デスクトップに適当に並べるより探すのが楽です。

無料です。

CLaunch

ショートカット管理ツール。

「Orchis」とは形が違いますが、使い方は同じです。

サブメニューを作って管理しやすく出来ます。

私の場合、多くのソフトのショートカットは上記の「Orchis」というツールに入れてるのですが、こっちのツールは「再起動ボタン」「シャットダウンボタン」「CloseALLツール」など毎日絶対使う機能やツールを入れてます。

また、アイコンが大きいので、動画編集ソフトの「Bandicut」などを入れておいて、動画をそのままドラッグ&ドロップで挿入してすぐ編集出来るようにもしてます。

無料です。

菱型ランチャー

常駐型のショートカットツールです。

私自身、よく使うソフトは「タスクバーにピン止め」するのですが、そこまでじゃないけどクリックしやすい場所に置いておきたいフォルダなどが時々あります。

そういうフォルダなどのショートカットを使いやすくするために利用してます。

上記で紹介した、「CLaunch」「Orchis」にもよく使うソフトなどを登録しているのですが、

私自身「できる限りデスクトップには何も置きたくない」という願望があったので、残ったフォルダのショートカットなどをこのツールで管理するようにしました。

WOX(ランチャーアプリ)&Everything(検索ソフト)

「Altキーとスペースキー同時押し」で起動できる。

計算機にもなるし、ファイル検索も出来ます。

ネット検索も出来ます。

私の場合、良く使うツールは「Orchis」や「CLaunch」に入れているので、「WOX」は補助的に利用してる感じです。

無料です。

Eagle(情報管理ツール)

情報は全てこのツールで管理してます。

個人的に情報管理において必須ツール。

私にとってのこのツールの良さや使い方としては、

・画像生成AIで作成した画像をフォルダやタグで分けられる

・「ブラウザの拡張機能」で気になったサイトのページをすぐ保存出来る(ページ全体のスクショもできる。もちろん見えてる画面のみや、部分スクショも可能。)

⇒ちょっとしたページの保存をイチイチブックマークしてたらごちゃごちゃになるので、「気になったサイトはブラウザのブックマーク」、「気になったページはEagle」と分けてます。

・テキストファイルをEagle内で編集出来るので、ブログの記事ネタなどを書きためておきやすい

・情報を一元管理出来るので、どこにやったか分からなくなることが無い

など、データ管理にめちゃくちゃ重宝してます。

ずっと使い続けるためには$29.95(4500円前後)必要になりますが、30日間機能制限なしの体験版も利用できますので、気になる方は是非一度利用してみてください。

◇テキストエディタ

「Typora」

ワードプレスの記事を作成する前に「画像」を挿入して最終確認するために利用するエディタ。

また、文章を全選択した後「Markdown」形式としてコピーすることが出来るので、記事にペーストする際にもかなり便利。

記事を書くことがメインではなく、最後の仕上げのために使っているエディタです。

「EmEditor」

「テキストエディタ」に関しては個人の好みだと思ってるので、「EmEditor」を誰にでもおすすめする気持ちは全くありません。

私がこのエディタを購入した理由は、

ポイント

・「アウトライン(ツリー表示)」を見ることが出来るので、「Markdown」で書いた記事の場合、どういう構成で書いているかを全体的に確認することが出来るから。

・「ミニマップ」という機能があったから。(これは完全に何となく欲しかっただけです)

・複数のテキストファイルをタブで並べて表示出来るから。(ごちゃごちゃにならなくて済む。タブを分けて別々のウィンドウでの表示も可能)

・マクロ機能が使えるから。(実際は大してマクロは作ってません。とはいえ、一つ二つは作るので必要でした。)

・プログラミングは特にこだわっていなかったから。
⇒プログラミング向きのエディタであれば他のエディタの方が便利だと思います。

・ファイルとして保存しなくても、書いた状態のままエディタを閉じる設定ができる。
⇒一時的なメモを書くスペースが欲しい場合などに便利。意外と利用してます。

・・・です。

結局最後は「このエディタで記事書くのが楽しそう」と思ったのが大きかったです。

「体験版」として30日間「有料版」を機能制限なしで使うことが出来るので、興味のある方は実際に使ってみてください。

(2023年10月1日追記:久々に公式サイトを訪れてみたら値段が6万近くになってました。自分が購入したときは3万前後だったのですが、ボッタクリレベルにかなり値上げされてますw自分自身が現在も使っているエディタなので紹介したのですが、もっと安く良いテキストエディタもあると思いますのでお気をつけください。)

◇思考整理&アウトプット補助系ツール

LibraOffice〈無料ソフト〉

WordやExcelの無料版みたいな感じです。

私は表計算ソフト「LibraOfficeCalc」を利用して、毎日「日記」や「作業記録」をつけたり、タブを分けて「欲しい物」や「やりたいこと」を全部書き出してます。

頭は極力「考えるため」に使い、「悩み」や「不満」は全て文字としてアウトプットすることでスッキリさせるとストレスレスに毎日が送れます。

無料です。

Clibor

クリップボード履歴ソフト。

過去にコピーした履歴が最大10000件まで保存しておけます。

テキストのコピー&ペーストを行う際によく活用しています!常時表示も可能。

また、定型文が設定することができるので、文字を入力する時間を大幅に削減できます。

Clipboard History

「Clibor」と比較すると、ちょっと癖があるのですが、クリップボード履歴を最大「999999件」まで保存できるので現在は「Clibor」ではなく「Clipboard History」を利用してます。

※「Clibor」はクリップボード履歴を最大「10000件」まで保存出来ます。

癖があるというのは「定型文」をテキストファイルで編集&管理する必要があるからです。

そして、そのテキストファイルでちょっとした「マクロ機能」も実装出来るのが「Clibor」とは違う点です。

とはいえ私自身「マクロ機能」に関しては、下で紹介している「クリップNotePro」の方が使い勝手が良いと思ったので、このツールでは「マクロ機能」は全く使ってません。

「Clibor」よりも多くのクリップボード履歴保存がしたい方にはこちらをおすすめします。

AutoClipX

文字列を範囲選択するだけでコピーしてくれるツール。

導入しようと思った理由は、クリップボード履歴ツールの「Clibor」や「ClipboardHistory」に少しでも多くの履歴を残したかったから。

履歴を残すことによって、文章を書く際の再利用がしやすくなります。

最近のWebブラウザは、「キーワード」を範囲選択した後、右クリックで「〇〇を検索」のような調べ方が出来るので便利になった反面、クリップボード履歴に残しづらくなりました。

そういうこともあって、文字列を範囲選択した際に自動的にコピーをするツールを導入することにしました。

常駐型なので、いつでも左クリック一回で機能の「停止/再開」出来るのはありがたい。

Dynalist

記事構成を考える際に便利。

いつも利用しているわけではありませんが、「ブレーンストーミング」的な感じでとりあえず適当に記事構成を書き出したい時に利用してます。

クリップNotePro

高機能クリップボード拡張ソフト

このツールの一番の特徴は「プラン」機能。(一言で言えば、「クリップボード系のマクロ機能」という感じです。 )

本当に出来ることの一部ですが、以下のような感じのことが出来ます。

ポイント

・選択範囲の文字列をカッコ(「」)で囲む

・選択範囲内の行の頭に「・」(中点)をつけて箇条書きにする

・選択範囲内の行を全て削除して出力する。

・あまり複雑なことは出来ませんが、「Webブラウザを開いて、URLを入力して検索する」とか、パソコン内にあるツールやソフトなど「特定のアプリケーションを起動」などといったことも可能です。

・・・など。

特に文章をよく書く人にとっては便利な機能を自作出来ます。(プランを自作出来るのは有料の「Pro」版のみです。)

私の場合は、パソコンで文章を書いていると、ここカッコで囲みたいなとか、箇条書きにしようかなってことが後々出てくるので、そういう時に助かってます。

無料版だとプランの自作が出来ないので、デフォルトで利用できるプランを使ってみて自分でも作ってみたいと思ったら有料版(1200円)を購入してみてください。

Clip Studio Paint(クリスタ)

有名な「漫画作成」ソフト。

私自身「漫画家」を目指してるわけではないし、「絵のクオリティ」もさほど興味がない。

でも、適当にキャラを描いて、適当に喋らせて、流れもオチもない話の流れを作ってみるのが意外と面白い。

自分の頭にあることを吐き出すことで気持ちもスッキリします。

ちなみに私は「サーフェスプロ」というタブレットPCに「クリスタ」を入れて、寝転がって妄想を形にする時間にめちゃくちゃハマりました。

気になる方は是非お試しください。

また、パソコンの中だと、他人の顔色を伺わずに描いた漫画を保存できるので、そういう意味でもおすすめです。

※家族でパソコンを共用してる方は申し訳ありません。

漫画を描きたい場合は「EX」版(ダウンロード版 23,000円(無期限版・一括払い))になります。

一回払いで、その後は無期限で使えます。

値段が高く感じますが、アナログ画材のように「買いに行く時間」「買い替える費用や手間」「準備や片づけの手間」などが発生しないので、長い目で見たらコスパが高いです。

※私の場合ですが、「クリスタ」を購入して以降、4年以上経ちますが、「漫画を描く」ための維持費は全く発生してません。

※強いて挙げるなら「デュアルディスプレイ」にしたくて「ディスプレイ代と接続のためのケーブル代」がかかったとか、タブレットPCとは別にデスクトップPCでも「クリスタ」を利用したかったのでもう一つ「クリスタ」を購入したとか、そのぐらいの費用だけです。

私自身「クリスタ」を数年間使い続けてきましたが、デジタルの方が「画材を所有する負担」とか「消耗品だから使うのがもったいない」という感情が発生しないし、何より「データの修正や管理」「ページや描画のコピペ」が簡単に出来るので、アナログ漫画に戻る気は全く無くなりました。

◇画像&動画系ツール

Honeyview

Webp画像も表示できる画像ビューアー。動画は不可。

個人的には常に「画像をウィンドウいっぱいに表示できる」機能が好きです。

漫画などの本を「見開き表示」できる機能もあります。

無料です。

(2023年10月1日補足)当記事内でも紹介している「Eagle」といるツールで画像を全て管理するようにしました。

その結果、漫画などの本を「見開き表示」で見れなくなりました。(原因は「Eagle」のデータ管理の仕様による影響です。)

なので、現在は「Eagle」内の画像は「Eagle」内のビューアーで見てます。

「Honeyview」はそれ以外の画像の確認のために利用してます。

動画再生ソフト「MPC-BE」

無料の動画再生ソフトです。

初めはちょっと使いづらいかなって思ったのですが、段々良さに気付いたので今ではこのソフトを愛用させて頂いてます。

その良さをいくつか挙げると、

ポイント

・「Eagle」で動画を管理することで、「お気に入り」機能がゴミにならない
⇒このソフトには「お気に入り」という気に入った動画を登録することですぐに再生できる機能があります。
⇒ただし、この機能は、登録した動画を別のフォルダなどに移動すると「パス」が変わってしまうため、再生できなくなるという欠点があります。(登録した位置(パス)に動画が無いと判断されてしまうため。)
⇒しかし「Eagle」内では仮想的なフォルダで管理するので移動しても「パス」が変わりません。
⇒そのため、動画を捨てない限りは、再生し続けられるのが良かったです。

※「Eagle」はこの記事内でも紹介している「データ管理ツール」です。

・再生画面をクリックすれば再生、一時停止が出来るのが良い。
⇒You Tubeに慣れてるせいか、意外とこれが便利

・キーボードの「←」「→」で5秒ごとに巻き戻し、早送りができる。

・A-B間ループ再生が出来る

・無料

・・・などです。

(2023年10月1日追記)以前は「SMPlayer」という動画再生ソフトを使っていたのですが、「Eagle」との相性の良さや、無料とは思えない機能性の高さから、こちらのソフトに乗り換えました。
シンプルさで言えば「SMPlayer」も悪くなかったのですが、総合的にはこちらのソフトになった感じです。

PicPick

スクショツール。

スクショツールは色々あるのですが、私はこのツールに落ち着きました。

有料版もありますが、無料版と有料版による機能の違いはありません。

自動更新や商用利用が出来る、広告非表示などの違いだけです。

◇キーボード&マウス制御系

DeInput

キーボード&マウスの入力を一時的に無効化できる。

キーボードの掃除などをするときに便利。

無料です。

keyswap

キー変更やキー無効化ツール。

非常駐ソフトなので設定を変えたら一度PCの再起動が必須。

「CapsLock」キーと「Windows」キーはあまり使わないので無効化してる。

きっかけはゲームをするときに間違って「Windows」キーを押したくないから導入しました。

無料です。Windows10でも普通に使えてますのでご安心ください。

KeyToKey

常駐型のキー変更ツール。

ゲームなど一時的にキーを変更したい時に利用してる。

キーをトグル型(キーを押すたびに「押しっぱなしの状態」と「解除」を変更できる)にしたり、連射型にしたり、キーを無効化することが出来るので便利。

個人的にはトグル型に出来るツールがこれだけだったので即決。

無料です。

ファイルリネーム系ツール

allrename

ファイル名一括変換ツール

ブログを書く際に、どの記事で利用した画像なのか画像の名前を「任意の名前+連番」に一括変換して保存しておくのに便利。

無料です。

◇ファイル圧縮&解凍ツール

BANDIZIP

解凍ソフト。

基本的には他の解凍ソフトと変わらないけど、私がこのソフトを使う一番の理由は、解凍した物をフォルダに入れて出力する設定が出来るからです。

過去にフォルダに入ってない大量のデータを解凍したことがあるのですが、その時にデスクトップがデータだらけになってしまった嫌な思い出があるので、この設定は便利です。

有料版もありますが、解凍するだけなら無料版で十分です。

◇マルチモニター 系ツール

Windows teleport

マルチモニター間で指定ウインドウをすぐに移動できる。

デュアルディスプレイで左のディスプレイにあるブラウザを右のディスプレイに移動させたいという場合に、一瞬で移動可能。

私は右Altを2回連打すると発動するようにしてます。

無料です。

◇その他

qwertick

キーを打つたびにタイプライターの打鍵音が出るツール。

必須ではないし、周囲に人がいるのであれば利用出来ませんが、一人の時は意外と心地良いので使ってます。

無料です。

-紹介/まとめ
-